STAFF BLOG

お庭づくりに役立つ情報をお届けします。

2019.03.22

- THE シンプル

都内で、ソメイヨシノの開花が発表されましたね!

昨年秋、台風の影響からか季節はずれのソメイヨシノが咲いてしまったというニュースを見ました。

やはり桜は春の訪れを教えてくれるものとして、今の時期に花を咲かせてくれるとホッとします。

 

さて、本日ご紹介する事例は

無駄のないシャープさにグリーンをプラスした《シンプルモダンのエクステリア》です。

 

 

駐車場スペースを2台分を確保したいというご要望をいただきました。

デザインがシンプルな分、素材に天然石を使って上質なアプローチに。

 

玄関前の植栽スペースにたっぷりとグリーンを。

また、白さが美しい外壁に映えるよう、株立ちのシマトネリコを配置しました。

主張が強過ぎず、また小さい葉が風に揺れる姿はとても美しいです。

 

素材にステンレスを使用した機能門柱。

無駄のないデザインが周りの植栽を邪魔しません。

高さの違うフレームは、狭小スペースでも奥行きが生まれるため、お勧めのアイテムです。

 

本日ご紹介した事例のように、家と外構のバランスはとても重要です。

家がスッキリといているのに、アプローチが雑草だらけだったりゴチャゴチャとしていたら

家の魅力が半減してしまいますよね。

エスティナでは、家を建てるタイミングでのご相談はもちろん

住まわれてからの外構エクステリアのご相談も承ります。

是非お気軽にお問合せくださいね。

 

https://www.estina-style.com/contact/

 

 

2019.03.11

- カリフォルニア風デザイン

アメリカ西海岸の明るい日差しや青い海の雰囲気。

そんな明るさの中に、ヴィンテージのかっこ良さを感じさせるカリフォルニアテイスト。

本日は、ここ数年で人気が定着している西海岸風テイストのお庭をご紹介します。

 

まるで、大きな鳥が羽を広げているようなココスヤシがお出迎え。

育て方が大変なのでは?と思われますが、

耐寒性があり枯れにくく、意外と育てやすいのです。

リゾート地に似合うココスヤシが寒さに強いのは意外ですよね。

積まれたレンガブロックの色を明るめにすることで、南国の雰囲気を醸し出しています。

 

ナチュラルな枕木に、ポストの赤がアクセントになっていて素敵ですね!

マリンランプもかわいらしいです。

 

PCフェンス越しに見えるココスヤシ

一つ一つも素敵ですが、組み合わせることで、より素材が引き立ちます。

サーフィンがご趣味のお施主様によろこんでいただけるガーデンエクステリアになりました。

エスティナでは、お客様のライフスタイルをお聞きしながら、

オン&オフともに充実した生活が送れるようなガーデンエクスエリアをご提案いたします。

 

皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

お問い合わせ・資料請求

 

 

 

2019.03.01

- プライベートをしっかりと守るクローズファサード

早いもので、3月になりましたね。

通勤途中に顔に当たる風の中にも、春の柔らかさを感じるようになりました。

三寒四温という言葉があるように、また冷え込む日もあるでしょうから

体調管理にはどうぞお気をつけくださいね。

 

本日ご紹介するのは、クローズ外構の事例です。

外構をクローズにした場合、一番のメリットは家族のプライバシーが確保されることではないでしょうか。

堀やフェンスをつけて目隠しをすることによって、周りからの視線を気にせずにお庭で過ごすことができます。

ただ、クローズというと閉鎖的なイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思います。

堀が高かったり色味が暗いと、重厚感が増す分圧迫感も出てしまいます。

柔らかな素材や色味を使うことで、その圧迫感を軽減することができます。

 

カーポートは広々としていて3台停められ、車の出し入れもスムーズ。

アプローチにも1台駐車できますが、停めていない時にも過ごすのが楽しくなるようなデザインにしました。

大判なタイルとピンコロで見た目の変化を。

また、目地にはタマリュウや化粧砂利を配置することでラインが強調されて、スッキリした印象になっています。

 

長い壁に柔らかさを出したいため、マットな質感とアースカラーのアクセントを入れました。

こちらの石は、石門袖にも使われているためファサードにまとまりが生まれています。

 

玄関前に乱形石の台を設けました。

花台としたり、荷物を置いたり、子供さんが座ったりできます。

白を基調としている中に溶け込む自然な色合いで、存在感はありながらも重くはありません。

 

本日の事例はいかがだったでしょうか?

クローズ=重厚、閉塞感、閉鎖的

というイメージとは違うクローズ外構だったかと思います。

 

『○○したいけれど、そうなると△△になるんじゃないかな』

など、諦めている外構やお庭のイメージはありませんか?

お庭・外構・エクステリアに関するご相談は、お気軽にお問合せください。

エスティナでは、そのイメージをカタチにするお手伝いをさせていただきます。

https://www.estina-style.com/contact/

 

 

2019.02.21

- 建築の魅力を引き立てるテラス空間

新築時につくったウッドデッキの腐食が進み、

中庭で過ごすことが徐々に減ってしまったというご相談をいただきました。

 

before 腐食が進んだウッドデッキ

雨水や紫外線などで木が反ってしまうと隙間が生まれ、そこにゴミや葉が入り込むために

虫が寄せつきやすくなってしまいます。

そうなるとせっかくの憩いの場でも、出る機会が減ってしまいますよね。

広さがある分、とてももったいないスペースになってしまいます。

今回のお客様のご希望は、『メンテナンスの手間があまりかからないお庭』

そのご希望にお答えしたお庭がこちらです。

 

大開口のリビング窓からフラットにつながるテラスは、

800×1200という大判のタイルを採用してゆとりを感じる空間を演出。

バックの自然とつながるよう、打ち放しの壁の前に植栽スペースを設けました。

 

花壇やベンチを斜めに配することで、奥行きや広がりを感じるテラスに。

自然に囲まれた立地を生かし、遠くの山や森などをお庭の一部のように利用しました。

まるで、大自然の中にいるようで心身ともに寛げる空間になっています。

 

 

一段下げたテラスは、色のトーンを抑えたタイルにすることで、空間にメリハリを。

まとまりがありながらもダイナミックな印象で、植栽のボリュームとのバランスも良いですね。

夕暮れになればマリンライトによってライトアップされ、昼とは違った幻想的な表情が楽しめます。

 

せっかくのお庭。いつまでも居心地の良い場所にしたいですよね。

今回のような経年劣化や、またライフスタイルの変化に伴って

リガーデン(お庭のリフォーム)のご相談もたくさんいただいております。

エスティナでは、たくさんの事例とアイデアで、お客様のご希望をカタチにいたします!

お気軽にお問合せくださいね。

お問い合わせ・資料請求

 

 

 

2019.02.12

- 歩きたくなるお庭空間《2世帯住宅》

お庭を中心とした家創り。

2世帯住宅なのでそれぞれのプライベートを保つために、

お庭が世帯を分け、それぞれをつなげる役割をもたせる中庭として仕上げました。

 

リビング続きのタイルデッキから、中庭を臨む

中庭があることで、程よい距離感と同時に繋がりが生まれ

住む人それぞれの生活が馴染むような空間です。

中庭のメリットの一つとして、外からの視線を気にすることなく、安心してお庭の景色を楽しむことができます。

 

上空より全景

斜めに敷いた敷石がアクセント。奥行きが感じられモダンな雰囲気になりますね!

雨の日には、タイルが濡れて艶のある表情に。

晴れた日には、これから育っていくソヨゴの葉が影を作り、見る人の心を癒すことでしょう。

またこの中庭は各場所から眺めを楽しむことが出来るようになっており、

親世帯・子世帯それぞれへと続く廊下、リビング、ダイニングキッチンそれぞれで季節を感じ、眺め、集い、ゆとりを感じさせる完全なるプライベートガーデンとなっています。

 

シンボルツリーのソヨゴ

ソヨゴと築山まわりのには、ゴロタ石と下草を。

この写真では、まだ緑が育っていませんが、成長するにつれさらに趣を増していきます。

 

エスティナでは、2世帯住宅の外構デザインも数多くご提案しています。

程よい距離感がありながらも、共有できる空間があること。

これは、長く共に暮らす人々にとって、とても重要なものです。

エスティナでは、ご家庭ひとつひとつの生活スタイルに合ったデザインで

皆様のお悩みや不安にお答えいたします。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせ・資料請求

 

 

2019.02.04

- 温故共生 富士のふもとに佇む市松の庭

《温故知新》という言葉があります。

故きを温めて新しきを知る、という意味ですが

今回ご紹介する事例は、《温故共生》

古きを温めて共に生きるガーデンエクステリアです。

 

どことなく懐かしさが漂うクラシカルな佇まい

 

懐かしい日本家屋を現代風にアレンジした半平屋の邸宅です。

縁側を中心に、家の内外から「和」を感じられる趣をちりばめました。

 

 

おおらかな屋根の勾配に合わせた優雅な市松模様。

ピンコロ石を使った、大胆に伸びた大きな弧。

直線と曲線を組み合わせ、アプローチに静と動を与えています。

 

 

割石敷きのアプローチが緩やかに迎え入れる

床面にデザイン性を持たせたため、門柱はシンプルに。

自然石の優しい色合いが玄関先まで導いてくれます。

右側に見える木はカツラ。築山を設けたことによってメリハリが生まれます。

 

部分的に施したライティングによって、幻想的な陰影が浮かび上がります。

こちらはシンボルツリーのモミジ。

秋の紅葉が見事なことはもちろんですが、春には美しい新緑とかわいい花を咲かせます。

縁側からの景色を豊かに彩ってくれることでしょう。

 

住まう人や訪れる人の心を和ませ、同時に目を引くようなデザインを。

エスティナでは、お客様がおうちやお庭をもっと好きになれるようなガーデンエクステリアをご提案いたします。

お庭づくりに関するご相談、お問合せはお気軽にどうぞ!

https://www.estina-style.com/contact/

2019.01.29

- 使いやすさと緑にこだわった南欧風の庭

南欧風のお庭というと、どのようなイメージを思い浮かべますか?

白い壁にテラコッタ調の床や屋根・・・かわいらしい雰囲気を想像されるかと思います。

今回ご紹介する事例は、南欧風のテイストを取り入れた建物の雰囲気を守りつつ、

緑豊かでナチュラルなデザインを心掛けたガーデンエクステリアです。

 

施工直後。木も植えたばかりの頃です。

 

アプローチは、コンクリートに色をつけたり、色の異なる石調タイルを使うことでリズム感を。

広い敷地が単調にならない工夫をしています。

 

玄関前の枕木もこだわりのひとつ

 

南欧風の外構を考えたとき、選択肢によく挙ってくるのが枕木ですよね。

こちら、実はコンクリートで再現しているんです。

天然の枕木と比べ、品質が安定していて経年劣化しにくいのが魅力です。

とは言え、天然木の自然な風合いも良いと思いますので、

それぞれのメリットとデメリットを知った上で選ぶことをお勧めします。

周りに植えたカエデ、ソヨゴ、ロシアンオリーブがこれから美しく育ち、

目隠しとなりつつも、生き生きとした景観になりそうですね。

 

駐車場は使いやすさと耐久性を考えました

積雪や強風に耐えられるよう、高強度のカーポートを設置。

お客様の「たくさん車が停められるようにしたいけれど、舗装ばかりで味気ないのはイヤ」というご要望に応えるため、玄関前だけでなくカーポート横などにも植栽スペースを設けました。

 

リビングからつながるテラスでは、くつろぎのひとときを

タイルテラスはお手入れもしやすく、リビング前をスッキリと広々とした空間にしてくれます。

ワンちゃんとくつろぎながら、お茶を飲んだり読書をしたり。

庭でのDIYやガーデニングは、週末の楽しみになっているそうです。

 

かわいらしく、かといって甘すぎないガーデンエクステリア。

エスティナでは、お客様のご要望をお聞きしながら、他にはない一つだけのデザインをご提案いたします。

好きなお庭のイメージが固まっていなくても、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.01.22

- ウッドデッキの過ごし方

 

新築でお庭を考えたり、お庭のリフォームを検討した際に

『ウッドデッキを作りたい!』と思う方は多いのではないでしょうか。

 

実際、エスティナでも

アウトドアリビングとしてウッドデッキをご提案することが多々あります。

ご家族やご友人を招いてBBQなどの、特別な時間を過ごす場としてはもちろん、

日常でも気軽に過ごせる場になれば、さらにお庭が快適な空間になります。

今回は、お庭をより快適にしてくれる「ウッドデッキの過ごし方」をご紹介します。

 

 

 

持ち運びが楽な折りたたみチェア
日の傾きによって変わる日差しにも、対応できます。


使う時以外はスペースを取らないので、あまり広くないウッドデッキでも便利ですね。


目隠しフェンスがあれば、周りからの目を気にせずにお庭で過ごせます。
ウッドフェンスは植物との相性も良いですし、ナチュラルな雰囲気のため閉塞感も軽減できます。

 

ブランコがあると、ウッドデッキに緩やかな動きが出ます。
お子様が遊ぶのはもちろんですが、木製のブランコはかわいらしいアクセントになります。

 

目に鮮やかなマット。

花ブロックとの相性も良く西海岸風の雰囲気に。

まだ寒い日が続いていますが、暖かくなったら風に吹かれながらビールを楽しむのも良いですね!

 

夜のウッドデッキは、照明と相まって

より、木のあたたかみを感じる景色を味わえます。

昼の健康的なナチュラルな雰囲気と、夜の寛ぎを感じられる大人な雰囲気と。

昼と夜で違った居心地の良さを感じることができますね。

 

「お庭で○○がしたい!」

「あまり手のかからないお庭が良い」「家からの動線は?」など。

人によって、お庭の使い方もこだわりもそれぞれだと思います。

 

エスティナでは、お庭の専門家がお庭や外構・エクステリアのご相談を承ります。

お問い合わせや資料請求はお気軽にどうぞ。

https://www.estina-style.com/contact/

 

 

 

2019.01.15

- 《続編》様々な表情の素材と植栽によって彩られたナチュラルガーデン

前回、ご紹介しました

様々な表情の素材と植栽によって彩られたナチュラルガーデン

ご好評につき、今回はガーデンのご紹介を致します!

 

岩や石などの天然素材の魅力を生かし、雑木によって自然の息吹を味わえる主庭です。

天然素材だからこそ、一つ一つの色味や形が不揃いで味わい深さを感じますね。

オリーブ、カツラ、キンモクセイ、シマトネリコ、ヤマボウシをバランス良く配置。

今後、枝葉のボリュームが増していき、更にお庭が雰囲気良く彩られていくのが楽しみです。

 

 

明るいベージュ色の砂利で仕上げた小道。

ウッドデッキ周りは、木調フェンスと数種類の植木を組み合わせて目隠しに。

より、お庭で過ごす時間が快適になります。

 

古木から水が流れる装置をご提案しました。

水が岩に当たることで、表情が徐々に変化していく姿はやすらぎを与えてくれます。

 

夜になりライトアップされると、雰囲気が一変。

雨に濡れたウッドデッキやタイルテラスは鏡のようになり枝葉の揺れが柔らかく映ります。

 

岩や石、そして植栽をバランス良く配置することで、ワイルドと柔らかさが共存するお庭になりました。

 

屋外に快適なリビングスペースがあることで、住まいの楽しみも豊かさもアップグレードします。

自然に寄り添いながら送る生活は、日々の忙しさに追われている大人に癒しを与えるだけでなく、自然に触れることが減ってきているお子様にとっても、豊かな心が育まれるものになります。

 

エスティナでは、「今」だけでなく「これから」が楽しみになるようなお庭を

ご提案させていただきます。

ご相談・お見積もりはお気軽にお問合せください!

https://www.estina-style.com/contact/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.01.07

- 様々な表情の素材と植栽によって彩られたナチュラルガーデン

少し遅れましたが・・・

新年、明けましておめでとうございます!

 

今年も、たくさんのお庭をご紹介していきます。
皆様のお庭づくりの参考になれば幸いです。
2019年も、エスティナをどうぞよろしくお願いいたします。


今回、ご紹介するお庭はエスティナのインスタグラムでも大人気だった


『様々な表情の素材と、植栽によって彩られたナチュラルガーデン』です。

 

家を建てられてから2年が経過した頃にお庭と外構のご相談をいただきました。

 

初めてガーデンプランをご覧になった時

『ようやく我が家の庭を作ってもらえる』と喜んでいらしたのがとても印象的でした。

 

施工を進めていきながら新しいアイデアを幾つも提案し、

そこに様々なアレンジを加えていくという作業の連続でした。

 

工事が冬季になることが予想されたため、着工の開始時期をずらした際に、

完成を待ち遠しくされていたため残念なご様子でしたが、

結果的には良い天候の中で施工が進み、

大変ご満足いただいたようでした。

 

景石と黒砂利によって植栽の表情を引き立たせる

天然石のプレートは、自然の色味があたたかな肌合いを感じさせてくれます。

水に濡れると色味に艶が出て印象が変わり、そちらもきれいです。

 

ライトアップされた門壁は一段と存在感を増す

暗くなり照明が灯ると、スポットライトと月明かりが優しい光で照らします。

門柱の風合いと、植栽の自然な陰影がまるで絵画のようですね。

 

門柱まわりには、ジューンベリー、ソヨゴ、イロハモミジを植え

四季折々の風景を楽しむことができます。

今回はファサード部分をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

次回は、お庭をご紹介します。

たくさんの草木や岩が印象的なお庭となっています。

楽しみにお待ちくださいね!

 

エスティナでは、お家との調和を考えてデザイン性と機能性を兼ねそろえたプランをご提案いたします。

ご相談はお気軽にお問合せください。

https://www.estina-style.com/contact/

Archive

Keyword Search